音楽教室に通うか悩んでいる人必見!
レッスンを受けるメリットとは

講師のタムラです。
やっと書き始めたブログですが何書くか迷いますね(笑)

今回はせっかく音楽教室を初めたので、音楽教室に通う意味ってなんだろう?
というところの僕なりの意見をまとめておこうと思います。

技術の向上について

まず一番生徒さんがレッスンに通おうと思うきっかけはこれが多いと思います。
当たり前といえば当たり前ですよね、歌が上手になりたいとかギター弾けるようになりたいとか
そういった想いがあるからこそネットで検索したり楽器屋さんでオススメの教室を探してみたりするんだと思います。

実際僕もそうでした、小学生の頃ギターを初めてから1年くらいは多分独学でひたすらギターを弾いて
練習方法なんて知らないですし、考えることもなかったのでずっと曲を弾く練習をしてました。

初めて自分のギターを買った楽器屋さんでギター教室を二つくらい紹介してもらって僕は割と年配の先生が自宅でやってるギター教室に通うことにしました。

やっぱり理由としては、もっと上手になりたいとか自分一人で弾けない曲を弾けるようになりたいとかそんな感じだったと思います。

今自分達の教室や別で教えに行っている教室でも新しく来る生徒さんは基本的にはこれが多いです。
でも僕は、自分なりの考えとして別に音楽教室に行ったからといって上手になるわけではないと思っています。

だって、月に4回60分のレッスンに行ったとしてたったの4時間です、一日寝たり食べたりを除いて10時間くらいは活動していると考えたら一ヶ月300時間あるうちのたった4時間です。
そんなもので楽器や歌が上手になったらプロの人たちはたまったもんじゃないですよね(笑)

じゃあ音楽教室なんか行っても意味ないやん。っていうのは早計です。
僕は音楽教室でちゃんと上達するには必須の言葉があると思っています。

一つ目の言葉

まず初めに台前提として…

「そんなん分かってるわ」って思ってる方も多いと思いますが

”ちゃんと練習してからレッスンに行くこと”

そりゃそうですよね、さっきも書きましたがレッスンの時間だけでは微々たる成長しかしないことがほとんどです。(たまーに例外で1レッスン毎にめっちゃ上達する方もいますが…)

なので毎日は厳しくても決めた曜日や時間で少しずつ練習して毎回のレッスンに挑んでください。

でもそれが分かってても出来ない人にこそ、音楽教室はオススメです。
先生に練習の仕方をレッスンしてもらい、それをどれくらいやればいいかを教えてもらってください。

自分で練習できない人の大半は、「練習の仕方がわからない」「何ができていないか分からない」「どれくらいやればいいか分からない」この三つのパターンが多いと思います。

これなら先生に演奏・歌唱を見てもらった後に「どんな練習すればいいですか?」と聴いてみて下さい。
きっと先生は今のあなたに必要な練習を教えてくれます。

その練習を先生と一緒に正しい方法でできるようにする練習の練習がレッスンの一番のキモだと思っています。


帰りにもう一つ「この練習どれくらいやったらいいですか?」を繰り出せば完璧です。

きっとこれを愚直に繰り返すだけでもしっかり続ければ半年もあればあなたの演奏・歌唱は自分で分かるくらい変化すると思います。

二つ目の言葉

すごく単純なことですが、歌にしろ楽器にしろ独学でついた悪癖はかなり厄介な代物です。
それを取り除くことに時間をかける先生もいれば、気にせずその上に重ねてレッスンする先生もいると思います。

今の時代は、ネットでなんでも調べられますしYoutubeなんて見ようものなら僕なんかよりもずっと経験豊富なミュージシャンや講師の方が素晴らしい動画を沢山あげられていて勉強になることこの上ないです。

ですが、ネットでの調べ物や教則本での独学には致命的な欠点があります。
それは”ネットや本はあなたを見てレッスンしてくれない事”です。

どんなに有名なミュージシャンより、どんなに売れている教則本より街の音楽教室がいい所は、あなたの現状をしっかり見た上で、どこがダメなのか?改善点はどこにあるのか?を教えてくれる事だと思います。

だから、オンラインレッスンがもっと発達してラグなし実際出ている音と講師の聞く音に変化なしの時代がやってきたら実店舗の音楽教室はかなりのダメージを受ける事でしょう(笑)

前置きが長くなってしまいましたがもう一つの大事な言葉は「練習してきたので見て(聴いて)下さい。」です。

大前提として音楽教室の先生は、練習してきてくれる生徒さんが大好きです。(少なくとも僕はそうです)
なぜなら、練習してくれない生徒さんのレッスンは毎回同じことの繰り返しになってしまうからです。

それがレッスン第一声が「練習してきたので見て下さい」と来たら、見させて下さいよ!!となるわけです。

もうWinWinですよね、講師はテンション上がるし生徒さんは上手になるし、、、
で見てもらうわけですがここで講師の先生にお願いがあります。
「むやみやたらに褒めないで…」結構いるんですよね、出来てないのに出来てると褒めたりする先生が、、、

誰でも褒められたら悪い気はしないと思いますが、生徒さんは注意して下さい。
この先生めっちゃ褒めてくれるなぁ〜が何回もレッスンで続く先生は要注意です。
一応言っておきますが先生に悪気はありません。きっと。

でも僕は、本当に生徒さんのことを思うのであればちゃんと出来てない事は出来てないと伝えて方向修正を行うべきだと思います。

まとめ

・音楽教室にただ通うのはNG

・継続して練習をする口実や理由付けの為に音楽教室に行くのは良いと思う。

・出来てない事を知る→練習方法を知る→正しい練習の仕方を学ぶ→練習する→見てもらう この循環を忘れない。

・やたらめったら褒めてくる先生はちょっとやばいかも。

・叱ってばっかりの先生もモチベ下がるからちょっと嫌かも。

よっしゃー音楽教室通おう!!って方には一回読んでほしい内容になったかな?と思います。

みなさんが様々な場所でいい先生に巡り会えて上手になれますように!

music salon”Moon²”は兵庫県姫路市の姫路駅から徒歩5分の場所にあります。
たまたまこれを見てくれた姫路のあなた。。。ぜひ無料体験レッスンに遊びに来て下さいね!

それではまた!

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA